キャットフードで猫の健康サポート

キャットフードで猫の健康を見直す為には、その猫ごとの体調と健康具合を見てから量を分配する事がお勧めです。身長や体重を測り、70cmの成猫なら4.5kgくらいまでの体型に抑えておいた方が、肥満を防げます。次に、肥満は肥満でも皮下脂肪の肥満は問題ありません。この場合、血糖値が上がりにくい方向に体が傾きます。しかし、内臓脂肪型の隠れ肥満だった場合は血糖値に響きます。内臓脂肪は、猫の生きてきた努力量に反映されるからです。痩せていても沢山好きなだけ食べたり、自分勝手な食事をしてしまえば内臓に脂肪が付きやすくなります。

見た目ではわからないので、病院で検査して猫の体の状態を見極めてから餌の与え方を考えた方がより健康な体を保たせてあげられます。そして、食べて毛並みがよくなったり、猫の口や便が臭くならない物がお勧めです。健康にいい物を与えていると、自然と艶のある毛色になってきたり、猫自体の顔も笑っているように感じます。血管の健康が仕草にも現れるので、その猫に合わせた栄養表成分が含まれている物を選んであげた方が良いです。

最後に、口に美味しい物ではなく、無添加の味の薄いキャットフードを選択した方が、猫の体の為になります。少しお値段の高い物を少量1日2回与えていれば、猫も習慣になれてそのままの健康な暮らしを維持できます。何にもないと諦めて寝る習性があるので、時間外にお腹が空いて甘えてくる時は寝かせてあげて下さい。空腹には、細胞を活性化させる力があるので、猫の健康に重要になります。